Menu

ブログ44

Home
ブログ 北新地 バー 『Bar グリッター』 飲み放題 ニューハーフ 姓名判断 恋愛相談

3/21(木)

グリッターは今不定休で営業しています。毎日タロットで 「明日の運勢」 を出すと、『明日、あなたに占いをしてもらいに来る人がいます。』 「え~っ、明日日曜日なのにぃ?」 しかし求められるので、『開けないとっ。』 そういうわけで今年は元旦に1日だけ休んでから、あとは全て営業しています。その生活の中で、今唯一の息抜きは、日曜日の営業が終わってから扇町のBARへ行くことです。深夜3時ごろからオジャマして、そのお店も閉店間際なので他のお客さんも居ず、マスター一人を独占していろいろな話をすることで、日々の疲れを癒やしてもらっています♪(*^ ^*) そこのお店はオーセンティックな雰囲気でマスター一人で切り盛りしているお店で、実は、私は特別にパスタやご飯のリクエストをして作ってもらったりしていますっ♪そしてまたその味が美味しいのですっ♪(^o^)/ マスターは沖縄出身の40歳。小柄でとても真面目、ちょっと天然(?)でズレているところもあるけど、そこがまた可愛いです。皆さんももし近くに行かれたら、是非、立ち寄ってみて下さいねっ♪(*^ ^)ノ

※『ROUTE 58』 ℡。06-6363-6310 営業時間 18:00~翌3:00 定休日水曜。でもたまに開けてたりするみたいなので、来店前はお電話をしてみて下さいね。(^ ^)

3/16(土)

タレントの堀ちえみさんが舌ガンであることを発表しました。そしてステージ4であることも公表されました。50歳そこそこでステージ4というと、かなり絶望的ではあります。この報道を知った時、『やっぱり。。。』 という感想でした。彼女の名前はほとんどが大凶名で構成されているので、むしろここまでよく活躍できたな。。。という方が素直な感想です。通常、姓名判断に来たお客さんには言わないのですが、『名前の偏差値』 というのを敢えて付けると、彼女の名前は100点満点中、5点ぐらいです。おそらく彼女の成功は、後付けの運命を意味する 「姓名」 より、宿命の 「生まれ日」 と 『後ろにいる人』 の力がとても強かったのでしょう。彼女の名前の一番の特徴は、『短命』 。彼女の今後を案じます。。。

3/4(月)

朝の6時ごろ、仕事帰りにJR大阪駅を歩いていると、「ママっ!」 近寄ってくる男の人が。「あっ、久し振りぃ。」 ちょうど今から4年前に一度お茶をしたスカウトマンの 『哲郎くん(仮名)』 だった。九州出身のもう確か33、4歳。「こんな時間に何してるの?」 「ナンパ兼スカウトっ。」 4年前のブログにも書いたのですが、その当時ちょっとタイプだったので連絡先交換して、出勤前に天満の駅前のドトールコーヒーでお茶をのんで、「哲郎くん、また時間あったら一緒に飲みに行こうねっ♪」 「うん、分かった。電話するよ。」 その3~4日後の深夜に電話が。「ママ、今どこ?」 「えっ?お店の営業中よ。」 「今から飲もう。」 「じゃあ、お店に来る?」 「オレ、お金無いねん。2千円しか。」 「。。。」 もうそれで興ざめ。。。(**;) そんな事があってからかれこれ4年。「実はオレ、2月で九州に帰ろうと思ってるねん。もう今年34だし、そろそろお昼の仕事か何か落ち着いて将来を考えないと、って思って。」 「そうなんね。じゃあ、もし時間あったら、最後に一緒にご飯でも食べに行く?」 「うん。そうやな。じゃあ、連絡するから。」 「分かったわ。待ってるわね。」 そうして2月も終わり。。。彼からの連絡は無かった。『もう帰っちゃったのかなぁ。。。』 そう思ってた先週の土曜日、仕事から帰る新地の道で、「ママっ!ママっ!」 大きな声で叫んでいる人が。振り返ると、哲郎くんだった。「あれっ、九州帰るって言ってなかった?」 「うんっ、でももうちょっとこっちに居ようかなぁ~って。アハハ~♪」 かなり泥酔しているようだった。もう~ホントにやっぱりテキトー。ちゃんと連絡待ってた私がバカだったわっ☆(^o^;)

2/26(火)

私がホームレスの人に食事補助をしていることについて、「えっ?レナママ、そんな事してるのっ??」 と訝し気な顔をする人がいます。現代社会においては、皆な時間に追われた生活をしています。その中で例えば誰れかが道で倒れていたとしても、『あっ。。。倒れてる。。。でも会社に行かなくちゃ。』 そう言って見知らぬ顔をして通り過ぎていく人もいるでしょう。しかし、そこの現場に 『居合わせた』 ということは、これは 「他人事」 では無いのです。【人が倒れているぞ。さあ、お前、どうするんだ?】 実はこう問われているのです。そうです、あなたも目撃したからにはその出来事の当事者なのです。ちょっと想像力を働かしてみて下さい。もし、あなたがその倒れている本人なら。【上】 はいつも見ています。あなたの生き方を。善行は必ずや返って来ます。そして悪行もまたしかり。因果応報です。他人に良い事をして感謝された時、本当の心の充足を感じるはずです。JR天満駅近くにいるホームレスの人は、私が食事補助を持っていくと、じっと顔を見つめて手を合わせ、お辞儀をしてくれます。実は善行とは、他人の為にしているものでは無く、自分の為、自分の心の支えとなるものなのです。

2/24(日)

いつものように阪急バスターミナルのところに居るホームレスの人に、カロリーメイト10食分とカイロ10個を持っていきました。3人の人がここで就寝しているので3セットです。しかし、その日は私がちょっと遅れたので、1人の人は居なくなっていました。ここは朝の阪急電車始発前に、警備員もしくは阪急電鉄の職員の人がホームレスの人を起こして移動させているようなのです。余った1セット、『どうしよう。。。』 少し考えてみると 『確かJR天満駅の高架下に確かホームレスの人が居はった気が。。。』 そう思って始発に乗って行くと、そこには2人の人が。1人は段ボールを囲いにして毛布も持っている人、そしてもう1人は何も無く地べたに膝をかかえて座っている人でした。境遇が厳しそうなその地べたに居る人の方に、「良かったら、これ召し上がって下さいね。あと寒いのでカイロもあるので。」 と渡した。するともう1人の人がこっちを見ていたので、「ごめんなさい、1つしかなくて。。。また近いうちに持ってきますからね。」 そう言ってその場を後にした。『やっぱり平等にしないとね。』 次ぎの日、その高架下に行くと段ボールの方の人に、「良かったら持ってきたので、使ってくださいね。」 と渡すと、『うん、うん。』 と目を丸くさせ、口もパクパクさせてお礼の言葉を言おうとしてられました。小柄で細身の可愛らしいご年配の男の人でした。年の頃は60代初めぐらいかと思いますが、恐らく言葉は何らかの事情で喋れないのでしょう。けれどもその仕草で、お礼を言いたいというのは充分に伝わったので、「また来ますね。」 と言った。『ここの2人とあと阪急の3人、高橋さんと。』 計6人には、これから週1回は持っていくことにしますっ。(^ ^)

2/17(日)

看板を見て来店してくる一見のお客さんがいます。『スピリチュアル系ニューハーフママのお店』 と謳っている 『スピリチュアル』 のワードに引っ掛かって来店される人は、「ママ、占いをお願いします。」 と言葉遣いもキチンとしてマナーの良い人が多いのですが、『ニューハーフ』 のワードで来た人は、「ママ、えっ?一人でやってんのっ?何恐い顔してんのっ!」 占いの途中なのにこんなカンジで、あとは、「イエ~イっ!」 と言いながら入ってくる人などです。『ニューハーフ』 のキーワードで来た人のほとんどは 『スピリチュアル』 というところを見れていないので、うちのお店が占いをメインでしているというのを理解していない人ばかりです。まあ、酔っ払っているのでちゃんと見れてないのは仕方無いのですが、それにしても一歩お店に入った瞬間に空気感で察知出来そうなものですが。。。 結局最後までうちのお店のコンセプトも把握出来ないまま、隣りのお客さんにワーワー話しかけ、お店全体の雰囲気も省みずに帰っていく人もいます。そして、そういうお客さんの過半数は年配者である、というのも何とも情けない話ではあります。。。(^ ^;)

2/11(月)

明石市長の暴言がついこの間問題となりました。確かに 「立ち退きさせろ!燃やしちまえ!」 は問題発言ではあるけれど、この人が云わんとすることは心情的に理解は出来ます。とても熱い人なのでしょう。部下達は、お役所仕事的にちんたらちんたらしていたのだと想像出来ます。この泉房穂市長、どんな人物かと言うと、素晴らしい経歴の持ち主で、東大を卒業後、NHKに入社しディレクターを経て、その後弁護士に転身、衆議院議員も務めた後、明石市長に。。。この輝かしい経歴の泉房穂氏、さてどんな名前かと言うと。。。やはり 『やり手』 を絵に描いたような名前なのです。20代~30代と類稀な発想で、飛ぶ鳥を落とす勢いで運気は上昇していきます。やる事為す事 『当たりまくる』 というような画数で、周囲の人も目を見張るほどの強い運勢なのです。しかし、その運気も40代半ば辺りから急に潮の目が変わり始め、今度はその強引で自信過剰なやり口に周囲が離れていく。。。という極端な画数なのです。この泉氏は、それでも長持ちしてきた方なのかもしれません。同じ画数で言うと、橋下元大阪市長、刑務所行きとなった堀江貴文氏などがあげられます。泉氏には、前半生に築いた地位や功績を、後半生は堅持しながら地道に生きていく。。。ということをお薦めします。

1/22(火)

うちの家にも観葉植物があります。植物の種類はパキラとトラティスカンティアです。トラティスカンティアは 『シュネル』 パキラの方は 『ダブちゃん』 という名前を付けていますっ♪(^ ^) 台所のステンレスの上で暮らしています。シュネルは去年引っ越す前の家では洗濯機の上でスクスクと育っていたのですが、冬を迎えて室内に入れたことで光が足りず。。。相当弱ってしまって(><)、半分以上枯れかけていました。それが今のお家が居心地が良いのか、再び芽を出してガンバって伸びてきたのですっ。(^ ^;) 一方のダブちゃんは順調に育ち、そして今の環境が更に適していたのかどんどんと茎を伸ばし、もう直ぐ天井に着くんではないか。。。というほど大きくなってくれました。2人共、元は100均のミニ観葉植物です。この寒い冬を越えて、益々成長して行く私の 『お子達♪』 、新芽が出る度に 「キャワいいぃ~♪(可愛い)」 と言ってチュウしますっ♪(*^o^*) お店のお子達もお家のお子達も、私の宝ですっ♪この先もずぅ~っと皆んなの成長を見守って行きたいですっ♪(*^ ^)ノ

※写真中央が 『ダブちゃん』。もう背丈が1メートル20センチぐらいになりそう。右が通常の100均の観葉植物。最初はダブちゃんもこの大きさでしたっ♪(^ ^)

1/20(日)

第4次安倍内閣が去年秋に発足しました。まあ正直、「もういいわ」 というカンジです。お店に来てくれた女の子で今治出身の子がいて、「安倍さんと加計さん、もうズブズブの関係で有名ですよ。」 と言っていました。結局、加計学園の問題も民主党が甘いので攻め切れずに終わってしまったし、何にせよ、ちょっと安倍さん長過ぎるので、石破さんなりに譲ってもらいたいです。大多数は 『安倍さんがとても良いとは思わないけど、替わりの人がいないから。。。』 という意見です。それはそれで、何とも嘆かわしい現状です。どれもこれも、小粒な政治家ばかりです。エネルギーに満ち溢れて、改革精神に富み、強いリーダーシップで日本を引っ張って行く。。。そんな人が総理大臣になってもらいたいのです。橋下前大阪市長はそれに値する人物だと思っています。彼は今おそらくパワーを蓄えて、その時期を窺っているように思えます。少々の反対意見をも押し切る、そんな力強い人物が今の日本には必要なのです。

1/5(土)

一昨年も来てくれたのですが、今年も大晦日に占いに来たグループの人たちがいます。(^ ^) 一昨年は姓名判断をして、「オレ、その通りやわ。。。」 と感銘を受けて帰ってくれて、そして今年も来店してくれたので、タロットで一年間の運勢を視ました。男性3人、女性2人で計5人。一日で視るタロットでいうと、この人数が限界に近いです。なぜかと言うと、タロットは 『上』 から降りてきたものを私を媒体としてその相談者の中に入って行き、カードとして出す。。。という形で行うので、神経の消耗がとても激しいのです。外の例えば占いの館などで、「ふんふん、そういう事なんですね~。」 と喋りながらパッパッとカードを出して行くのを見て、『あんなんで、本当にキチンと細かく出る???』 いつも疑問に思っています。そうして、今年もそのグループの彼ら全員にタロットをして、去年同様、「今から初詣に行くんです。」 そう言って帰っていきました。彼らが喜び多い一年間になることを願っていますっ♪。。。(*^ ^)ノ

1/3(木)

(前回からの続き)。。。しかし、いつもママが可愛がっていた野良猫にあげるエサが、ドアの前に。『あれ。。。これ最近あげた形跡が。今日はたまたま休みなのかも。。。』 ちょっと安心して帰ったのでした。2~3日経って、やっぱり気になるので、隣りのBARのマスターに電話をしてみた。「マスター、ママのお店閉まってたんだけど、何かあった?」 「実は、今年の4月にママぎっくり腰になって、病院に行って検査したら、別の悪いところも次々見つかってしばらく入院することになってしまって。。。で、そうして2~3ヶ月していると足の筋肉が落ちて歩けなくなって、それから認知症も始まって。。。」 「えっ。。。。。」 「元気と言えば元気だけど、記憶がもう曖昧だから。」 とてもショックでした。ああ。。。やっぱり気になってた年始に行っておくべきだった。。。とにかく入院先を教えてもらってお見舞いに行った。大部屋に入ると、奥のベッドにちょこんと座った老人が居た。「ママ。。。」 嘗ての利発で機敏な様相は、そこには無かった。「あ。。。まあ~ベッピンさん。」 「ママ、大阪のレナよ。分かる?マギー(うちの母親)の子供の。」 「ああ、マギーね。この間、彼女を新神戸まで送ったわよ。彼氏と一緒だったみたいでっ。」 「ママ、マギーはもう7年前に亡くなってるわよっ。」 「あら、そう。」 もう恐らく私のことも分かっていないだろう。「これ、お菓子持ってきたから食べてね。」 「わあ~嬉しい。誰れにもあげないから、この棚の中に入れとくわ。」 「良かったぁ。喜んでくれて。」 「昨日も大変よ。15人も来てカラオケ歌って忙しくて。でもフライパンが見つからなくって困ったわ。」 「そうなんね。。。」 まだお店に出勤しているつもりのようだった。「じゃあ、そろそろ帰るわね。」 「は~いっ。またね。」 ついこの前まで矍鑠としていたのに、ちょっと歩かなくなって、たった半年で、こんなに変わり果ててしまうなんて。。。ちゃんと来れなかった後悔と、人間の老いていくことの虚しさを感じながら病院をあとにしたのでした。。。

12/16(日)

今年の初めからずっと気になっていたのが、神戸新開地のムスタングのママのことです。4~5年前のブログにも、うちのお客さんだった人と遊びに行った時の写真を上げていますが、髪の毛をモヒカンにしたオネエ系のユニークなママです。元々は、母親の 『マギー』 の紹介でお店に行ったのがきっかけで、マギーが亡くなった後も三ノ宮で飲んだ時は寄っていました。去年の秋ごろから休み無くグリッターを営業していたので、三ノ宮に行く機会もめっきり減って、けれど、ずっとママのことは気に懸かっていました。仲の良いお客さんにも、「今度一緒に行こうね。」 と話をしていて、私自身、『そろそろ顔を見に行かないとマズイわ。。。』 そう感じていました。9月後半の3連休の最終日、時間を調整して行って見ると、「あれっ、店が閉まっているっ!」 ムスタングのママはここ10数年、「もう今年も1日も休まなかったわよ。休むとダメ!逆に体調が悪くなるから、休まないことにしたのよ!」 と豪語していたので、お店が閉まっているということは。。。? イヤな予感を感じながら帰ったのでした。。。

12/13(木)

ディアモールの地下に昭和15年生まれの高橋さんが居ます。彼に訊いて、阪神百貨店前にいたホームレスの人たちが移動したみたいなので、阪急のバスターミナルのロータリーの辺りに何回か行ってみたら、やっと一部の人を見つけましたっ。(^o^) ただ、その人たちも朝の4時半ぐらいには、警備員の人に起こされて場所を移動させられるみたいです。その場所に居たのは2~3人なのですが、さっそくカロリーメイト10食分とカイロ10個を、それぞれ3人分持っていきました。そのうちの1人に人には、「オレは日給1万以上稼いでて、単に家に帰っていないだけなんだ!」 と言われてしまいました。「アレルギーだから要らないんだよ!」 と以前にも別の人に断られたこともありました。やはり、「余計な施しは受けない」 そういうプライドを持っている人もいるのは予想の範疇でしたが、これからの寒い季節、屋外に居ると生死を分けるようなことにも成りかねません。私自身が目にした人には、『する』 義務があると思っています。。。なので高橋さんには、毎週2回、カロリーメイトとカイロ、あと食事を持って行ってます。腕時計が壊れたと言っていたので、この前は新しい太陽電池で動くものを買って持って行ったら喜んでくれていました。ん~良かったぁ♪(^ ^)v

12/11(火)

よく耳にする言い回しでとても違和感を感じる言葉が2つあります。1つは、『おあいそ!』 お会計の時に言う言葉です。これは随分以前にも書いたことがありますが、「社長」 と言われる人も使っている場合があって、はっきり言って恥ずかしいことです。それは、『おあいそ』 の語源は、お店側が 「お愛想無しで、すみませんでした。」 とお客さんにいう言葉から、店側の人間同士が使う言葉だからです。お寿司屋さんで、「あがり」 などもこの類ですね。それを知ったかのように、「おあいそ!」 と言い放つのは少し愚かな発言なのです。そして、もう1つは微妙なのですが、初めて来店したお客さんに 「よく新地には来られるのですか?」 と訊くと 「いや~なかなか新地は敷居が高くて来れないですよ~」 非常にこういう返答が多いことです。この 『敷居が高い』 とは、本来は、『親しくよく通っていたお店などに暫く行って居ないことで、だんだんと行きにくくなること。』 を意味するのですが、かなりの人が誤った使い方をしているので、仲が良くなれば注意するのですが、もう初めてのお客さんにはイチイチ言わないようにしています。。。というのは、『言語』 というのは時代と共にその意味合いが少しづつ変化していくものであり、元来の意味から変わって使い、それがその時代の意味になることもあるからです。しかしまあ、この 『敷居が高い』 というこの言葉を、今は皆んなよく使います。そして100人が使って、そのうち正しい使い方をしている人は、1~2人ぐらい。それぐらいの割合いで皆んな認識間違いをしているのです。。。(^ ^;)

12/3(月)

今年もいよいよ残すところ1ヶ月です。去年は極寒で、うちの子(観葉植物) たちも12月の半ばまでドアの前に出して帰ってたら、覿面に葉が次ぎ次ぎと落ちてしまったので、今年は先月末あたりから早くもグリッター内で生活させています。その為にコーナンに行って、投光器を3つ購入して計6台をこの子達に当てています。やはり太陽の光と比べて発育は遅いのですが、けれどちゃんと芽は出てきますっ♪(^o^)v 今年は去年の失敗を教訓に、気温8℃以下では絶対に表に出さないようにして、完璧な管理に務めますっ。害虫駆除の装置も本来は毎日点けないといけないのですが、この子達がいるので、気温の高い日のお昼に早起きしてお店に来て、そして表に皆んなを出して、それから装置を点けています。可愛いこの子達の成長を見守るのが、私にとって毎日の義務でもあり、また楽しみなのですぅ♪(#^ ^#) 毎日出勤してチェックして新芽を発見すると、思わず 「キャワいいィ~♪(*^o^)」 頬ずりしてチューしたりします♪ ホントこの子達って愛情にちゃんと応えてくれて、もう~めちゃめちゃ可愛いわ~♪(@^o^@)

11/29(木)

この前は 『死』 についてお話したので、今日はその後の 『死後の世界』 の入り口の話をしたいと思います。人は死ぬとまず 『幽界』 というところへ行きます。いろいろ生前の思いや感情、性格もそのままに辿り着いて、まずそこで 『審判人』 と共に、今までの人生をフィルムのようなもので一緒に見せられます。様々な俗的な行いをしてきたことも、他人が見て居ないところでの悪行などを全てを見せられるのです。そして、次ぎの 『霊界』 への振り分けになるのです。常に他人の為に善行を施してきた人は当然ハイクラスのランクの次元へ誘導されます。反対に怠惰な人生、人を罵り恨み自我の欲求だけで生きてきた人は、そこで更に辛いレベルの次元で過ごさなければいけません。そして次ぎ 『生』 をこの世に受ける時も、前世で修行を積んだ人はより豊かで恵まれた条件で生まれてきます。しかし、そうでない人は、より過酷な環境で生まれてくるのです。ありとあらゆるハンデを持ってです。例えば、中東の戦乱の中であったりします。。。生まれてくるということは大きな意味があるのです。目標を持ち、それに向かって精進していくことが私達の与えられた使命なのです。

11/18(日)

皆さん、死ぬことは怖いですか? しかし、誰れしもが平等に経験することです。『死ぬ』 というと大半の人が 「もう全てが終わり、無になる」 と思いがちです。そしてもうひとつ 「とてつもなく悲しいこと」 という認識も持っているようですが、そうではありません。そういえば私の母親が亡くなったとき、お葬式に来てワンワン泣くのは、大抵さほど親しくない人ばかりでした。そういう人は生前近所や隣の区に住んでいたにも関わらず、10年以上も連絡を取らずにいたような人達だったようです。「ホントに気に懸かっているのであれば、どうして会わなかったのか?」 疑問です。おそらく、その涙は母親が亡くなった悲しみ。。。というよりは、自分が寂しいからという感情に他ならないのです。そして、亡くなるということは、『現世での修行が終了した』 ということなのです。悲しい。。。というのとは少し意味合いが異なります。その人は、また次ぎの 『上』 の世界で順番を待ち、生まれ変わる為の準備をします。必ず次ぎへ 『生』 を繋ぎます。そうして、再び生まれ変わった時、また巡り会います。けれど残念ながら、前世の記憶は当然消されているので 「あっ、久し振りっ♪(^o^)/」 とはなりません。出会った瞬間、『あれ。。。初対面なのになんかこの人懐かしいカンジがする。。。」 そういう人は前世で縁が深かった人です。そして、あなたとは良い関係だったに違いないのです。

11/11(日)

先日、景気についてお話しましたが、この2極化している大阪の中で唯一気を吐いている業種が不動産です。うちのお店にもちらほら来店するのですが、その中でもTVで宣伝して誰れもが知っているところ (敢えて固有名詞は控えておきます。) の人は、とても華やです。年に3~4回ぐらいの頻度ですが、来た時は必ずシャンパンを3本ぐらいは入れてくれます。お勘定のことなどは全く気にせず飲んでくれます。まあ、その分聞くと稼いでいる額も相当なもので、いつも来てくれる部長クラスの彼が、「こいつ今年25歳で入社3年だけど、去年の年収は2000万だった。」 というので、納得です。そういうこの部長の彼も、今年確か36歳で、やはりかなりの豪腕のようです。そして、うちのお店も久し振りに潤った時には、知り合いのBARのマスターのお店に行ってお金を使うようにします。そう、お金は使って、回さないと入っては来ません。こういう人がもっと増えて北新地、そして大阪も活性化したら言うことは無いんだけどっ。(*^ ^)ノ

11/5(月)

「景気が良くなった」 こうメディアやマスコミは報道しているけれど、実際のところは 『?』 です。一体どのくらいの人が好景気を実感しているのでしょう? 東京の一部の人たちが実感しているに過ぎないように思えます。バブルの頃のように、誰れしもが感じないと本当の景気回復とは言えません。まず、その目安として最たる業種が、私達云わゆる 「水商売」 と 「タクシー業界」 です。この人たちが潤って、初めて 『好景気』 と言えるのです。それは何故か? というと、「飲みに行く」 ことと 「タクシーを使う」 のは分かり易い 『贅沢』 だからです。逆に言うと、一番最初に節約するところが、この2つだからです。大阪はUSJがディズニーランドを抜いて日本一の集客数と売り上げを誇り、外国人観光客も前年比10%前後は増え続けています。しかし、外国人がお金を使う場所はほとんど同じで、偏りがあるのです。少なくとも北新地にはあまり恩恵がありません。そして、格差が付き始め、貧富の差もどんどんと拡がっています。この北新地もその影響を受け、3000軒の飲食店が軒を連なっていますが、毎年約100軒のお店が新規オープンしますが、年末には170~180軒が閉店していってる現状です。引退した80歳を超えるママから、「私がお店を始めた頃はね、平日でも皆んなドアの外で待っている人が何人もいて、この本通りも沢山の人でぶつかって通れないぐらいだったのよ。」 そういう話を聞いたものです。もう一度、あの昔のような華やかな北新地に戻って欲しい。。。と切に願っています。。。

10/20(土)

うちのお店の観葉植物には、全て名前が付いています。(^ ^) キャべちゃん、クラフト、ポッチなど。。。皆んな一日一回は眺めて心の中で話し掛けています。で、実際に声掛けしたりもします。お客さんに依っては、「へぇ~っ、名前があるんですか?」 と不思議がる人もいますが、じゃあ、なぜペットの動物には名前を付けて、植物には付けないのでしょう?同じ生き物なのに? 「動物は人間と違って、喋れないから可愛いし、面倒をみたくなる。」 と言う人は多いですが、動物は(主に犬や猫など) お腹がすいたら鳴いて報せますが、植物は全く何も話しません。だから更にその様子を見ていてあげないと、枯れたり葉が落ちたりして取り返しのつかない事になってしまいます。それだけに更に可愛いのです。いつも気に懸けて話して、たまには撫でたりしています。毎日放ったらかしの植物と、話し掛けて育てた植物とでは成長の度合いが違う。。。という実際に検証したデータの結果があるのです。『うちの子達』 は他に類を見ないぐらい元気で長生きです。観葉植物店の職人さんが、「ママのお店の植物は奇跡に近い」 と唸らせるほどこの子達は瑞瑞しいです。だって、いつも愛情を降り注いでいるもんっ♪(*^ ^)ノ

10/18(木)

芸能生活20数年を第一線で活躍してきた安室奈美恵が引退しました。いつもの帰る地下道 『ディアモール』 のBGMも9月に入ってから彼女の曲でした。華々しい活躍。。。そして鮮やかな幕引き。彼女らしいと言えますが、さて彼女の名前がその人生を見事に物語っているので、ここに書くことにしました。まず、彼女の少女時代。。。アクターズスクールというダンス候補生ばかりが集まるところでも、きっと目立つ存在、『孤高の人』 という画数で早くから頭角を現したと云えます。そしてグループ 『スーパーモンキーズ』 から安室奈美恵ソロへ。。。私は個人的にはあまりよく知らないのですが、彼女のアーティストとしての考え方は、まず 『完璧主義』 。自分自身のポリシーに依って妥協は許さない。。。という画数で、ライブなどのパフォーマンスなどはきっとそれをカンジさせるものだったのでしょう。そして何より彼女の発想力。奇抜なアイディア。非凡と云える才能で様々な大ヒット曲を連発し、彼女の20代中盤~30代への確固たる地位を築き上げたとのも強い画数の導きがあった故なのです。つまり 『天才型』 という名前なのです。しかしながら、この画数は40代辺りから急速に風向きが変わり始めます。その常人離れした考えと存在自体が、やがて周囲の人々に理解されなくなり、気が付くと周りに誰れも居ない。。。孤独と失意の中で人生の終幕を迎えてしまう。。。という恐ろしい数なのです。おそらく彼女の周りに心の底から信頼出来るような人は、少ないのかもしれません。スターらしい、と言えばそうなのですが、今後の彼女の人生を案じます。。。

10/16(火)

毎日の楽しみの一つ、それが 『今日はどのバッグにしようかなぁ。。。♪(#^ ^#)』 カバン選びですっ。去年から凝り出したバッグコレクション。ブランド順に並べているのですが、数えてみるとヴィトンが13個、グッチが11個、ディオールが8個。。。ヴィトンはまずブランドバッグを買うときに、『とにかく有名どころのシリーズを集めたいっ』 と一通り揃えたのでした。しかし、最近になって街を歩いているとヴィトンを持っている人が多いことに、改めて認識させられて、ちょっと他人とカブッているのが嫌になってきて。。。知り合いに譲ったりして、整理をしていっています。(^ ^;) あと、どうしてもそんなに特別好きになれないのが、エルメスです。素材も良いし、一応ステイタス的な存在であるのは分かるのですが、デザインがいまいち。。。とりあえずはしかし4個ほどは買いましたが、やっぱり値段とか知名度とかだけじゃなく、自分の好きな形のバッグは、本当に可愛いし大事にするものです。2年前の自分では考えられないぐらいのカバンフリークになってしまいましたが、でもベッドから眺めるバッグ棚の上には、愛おしいカバン達がいつも並んでこっちを見ています。『ああ~可愛いぃ~♪(@^o^@)』 この話をすると仲の良いお客さんはいつもこう言います。 「レナママ、もうほとんど病気やんっ。」 ほっといてくれるぅ~!(^o^;)

10/10(水)

この前、家の近所で買い物をしていたら声をかけられました。「あのぉ、これ読んでもらえますか?」 自転車に乗った男の人に小さなメモを渡されて、そこには電話番号が。「たまに見掛けてたんですけど、今日、ちょっと思い切って声を掛けさせてもらいました。」 見ると年齢は30歳過ぎ、小柄だけど爽やかでまあまあ男前。「あっ、そうなんですねっ。」 「あとで、良かったら連絡下さいっ。」 けど、私も買い物帰りで荷物もいっぱい持っていたので、「分かりましたっ。じゃあ、またショートメールします。」 そう言って帰りました。ふと、『カンジが良い人だったけど、私、今年確か恋愛運は実りが無い、って出てたんだけど。。。』 そう思いながら、一応口約束でもしたので、ショートメールをしたらとても喜んで、その日から毎日メールが来るようになりました。「伶奈さんは、何の仕事してるの?オレはこの近辺で美容・理容関係だけど。」「飲食業よ。」 話の流れから、どうやらこの彼、私のことはニューハーフと分かっていないみたいで、でもまあ敢えて言う必要も無いし。。。そう考えていたある日、大体メールが来るのが朝7時~8時ぐらい。多分出勤前ぐらいかなぁ。。。とちょっと彼のことをイメージングしてみた。すると。。。あれ?彼、結婚してる?お子さんもいる、ん???情景が浮かんできたので、さっそくその日は電話で彼に訊いてみることに。「あの、正直に言って欲しいんだけど、結婚してる?で、まだかなり小さいお子さんも居る?」 「えっ!???な、なんでそんなことっ?えっ?」 「それで、もしかして働いているところって、駅の大通り沿いの角の美容院じゃない?」 「えっ!!!そっ、そうだけどっ。。。ど、どうして。。。」 声が震えていた。『やっぱりね。。。』 その日はそれで電話を切って、次ぎの日、夜中2時ぐらいの営業中に電話が。「もしもし。。。」 あ、ベロベロに酔ってる。「どうしたの?こんな時間に、しかも電話なんて。」 「一つだけ言っておこうと思って。オレ、気が付いて欲しくなかった。知って欲しくなかった。働いているところも、オレの家のことも。。。」 あとはよく聞き取れないカンジだったので、「ごめんね。とりあえず仕事中だから。」 電話を切った。そしてその日を最後に彼からのメールは来なくなった。彼は、おそらく私が何かで調べて身辺のことを知ったと思ったみたいでした。そして怖くなってしまったのでしょう。自分は家庭があるので、おびやかされるのではないかと。そういえば、「飲食業」 と言っただけで、スピリチュアルな仕事に携わっていることは話して無かったしっ。でも度胸無いわ~っ。そんなんでビビルぐらいなら最初から声掛けてこなかったらいいのに~(^o^;)

9/30(日)

「大阪は守られてるから。」 このフレーズをよく言ってきましたが、今年に入って少し様子が違うようです。まず、完全に安心し切っている大阪府民の予想を裏切る震度6の地震。その時、私は家の近所の定食屋で朝ごはんを食べていたのですが、そこに集まるオジサン達が 「うわぁ~!」 っと、慌てふためいてお店から逃げ出していきました。そして、この前の台風です。「皆さん、お昼過ぎから大阪は直撃となるので、くれぐれも外出は控えてください。」 TVのアナウンサーがしきりに繰り返し叫んでいるのを横に、『そんなことを言っても、大阪は絶対に大したこと無いのよね。』 と思っていると、「ゴゴゴ・・・」 ん???あれ?地震?寝ていると何か部屋が揺れている。うちの家は5階立てビルの4階なのですが、ビル自体が揺れているのに気付いて目が覚めた。窓から外を見ると、工事現場に置いているコーンや自転車が飛ばされている。『うわっ、これはすごい。。。』 あとで知ると大阪市内は、風速50メートルを超えるほど。しかし、これほどの暴風雨の割には被害は少なかった印象もあります。やはり、大阪は守られている。。。あまり声高々に言うばかりでは無く、ここ最近、地球規模で変化しつつあるので、今後は災害対策も考えていかなくてはいけないでしょう。。。

9/23(日)

(前回からの続き) その日を境にだんだんと彼女の来る回数は減って行きました。そして間もなく風俗のお店にまた働き出したようで。。。しかし、来店する度に彼女のオーラがどんどん悪くなっていくのを感じました。彼女は、「レナママ、私、観葉植物買って帰っても3日で枯れちゃうの。」 とも言っていました。彼女自身の 『負』 のオーラが強くなっていたので、彼女が来店して話していると急に立ちくらみや、今まで一度も経験した事の無いような強い偏頭痛に襲われるようなことが度々起こるようになりました。けれども、彼女の為に言うべきことは伝えたので、あとは彼女がどう生きるか? ということだけです。。。もう来店しなくなって2年近くが経ちます。やはり、グリッターは、向上心があり、何かの目標を持って生きている人が来店するお店なのです。堕落したり、放縦に生きている人は1~2回は来ても、その後は顔を見せなくなります。不思議ですが、これがグリッターというお店の 『パワー』 なのです。

9/20(木)

その彼女は前のグリッターから来ている人でした。最初に来店した時はお客さんの男性と一緒でした。彼女はバツイチ子持ちの25歳で風俗に勤めていました。そのことを彼女自身とても嫌悪感を抱いているようで、「レナママ、私、今の仕事もう続けたくなくって。。。」 そう涙ながらに溢してました。「そうよ、だって栞ちゃん(仮名) 勤め始めてまだ半年でしょ。今なら辞めてまたお昼の仕事も探せるわよ。」 風俗で働いていることは決して悪いこととは思いません。ただ、ダラダラと何の目的も無く勤めているのであれば、心が荒んでいく一方なのです。しばらくして 「私あの仕事辞めて、今お昼の仕事に行ってるの。」 「そう、良かったわねぇ。」 ちょっと一安心しました。けれど報告を受けて間もなく、2~3ヶ月後にはまた別の会社へ。ある日一緒に来ていた男性が私に話してくれました。「ママ、彼女、何のスキルも無いのに給料が高いと謳っているとこばかり行ってるんだけど、胡散臭い会社ばかりで。それも長くは続いてなくて。」 やはり一度高給を手にすると、そのランクを落とせないようでした。そして、「ママから言ってやって欲しいんだけど、最近また彼女もとの仕事に戻りたいって言ってんねんっ。」 元々はお客さんだったその男性も、彼女のことを本気で好きになったみたいで風俗には戻って欲しくは無いようでした。「分かったわ。。。」 それから1ヶ月ほどして2人で来店した時、「栞ちゃん、あなたまた前の仕事に戻ろうかと思ってるんだって?そんなことしたら、元の木阿弥よ。せっかく抜け出せたのに、次ぎまたしたらもう二度とお昼の世界には戻れなくなるわよ。」 「でも、子供との生活があるから仕方無いのよっ!」 しかし、彼女は5~600万の車を普段から乗り回していたようで、どうも説得力には欠ける生活態度のようでした。今まで何人も同じパターンを見てきて、みすみす堕ちていくのを見届けるわけにはいかない。「栞ちゃんっ、何を言ってるのっ!あなたあんなに涙を流しながら 『もう2度とこの仕事はしたくないっ。』 って言ってたじゃない!目を覚ましなさいっ!」 彼女は私のその言葉を聞くと、急に立ち上がって店を出て行ってしまいました。。。(続く) 

9/17(月)

ガンバってコンスタントにブログを書いているのですが、古いのでなかなか上がらないくて苦戦してます。「ママ、最近ブログが3月ぐらいで止まってるけど。」 分かっているのですが、なかなか上がりません。週に1回は書くようにしているので、その都度、保存はしているのですが、そこから上げようとすると1時間ぐらいかかるのです。だからどんどんと溜まって行きます。でも、この子(パソコン) もガンバって一生懸命に働いてくれてますっ。『重いよっ、重いよっ、うんしょ。うんしょっ。(*o*;)/~~~』 そう言って動いてくれてます。とても可愛いです。歳は12歳だから、人間にすると。。。かなりガンバってます。今日書いたこのブログも、もしかすると年末ぐらいにアップになってしまうかもしれませんが、皆んな、気長に待っててね~♪(^o^)

8/30(木)

看板を置くようになって、一見の人が増えました。とても喜ばしいことで、そのほとんどの人が占い希望です。大体来店する人の60%ぐらいが女子。30%がカップル。そして残りの10%が男性のお客さんです。本格的占いバーに転換してから、お客さんの層も随分と変わりました。しかし、野放図に飲む人は激減し、マナー良く泥酔せずに帰っていく人達が多数で、「レナママ、いろいろ助言ありがとうございましたっ。頑張りますっ。」 そう言ってくれるのは昔のカラオケパブからは想像がつかない現状と言えます。お客さんの年齢層もかなり変わりました。20代~30代が中心。40代もちらほら居ますが、50代以上になると非常にレアです。個人的には、年齢に関係なく様々なアドバイスをしていきたいのですが、50代以上の年配者になるとまず 『占いを希望しない』 人が多いようです。「もう今更、占なったって。」 そういう意見をよく耳にします。そしてあともう一つ、最大の理由は、男性のトイレの使い方です。うちのお店は女性客が多い為に 『座って』 してもらわないといけないのですが、それが出来ないのです。これが不思議なことに、見事に50歳を境に明暗を分けます。この前も年配のカップルが来店したのですが、女性(50歳過ぎ) の方に姓名判断をしていたのですが、もうすぐ終わり。。。という時に男性が(60歳過ぎ)、「ちょっとトイレ。」 「すいませんっ、うちのお店ルールがあって、男性のお客さんは座ってしてもらうことになっているんです。」 「えっ!もうそれなら帰るっ!チェックだっ!」 女性の方の占いもちゃんと終わっていないのに、急に身支度し、そのまま真っ赤な顔をして怒って帰ってしまいました。ああ~あ、やっぱりトイレ出来なかったわね。。。でもまあ、仕方無いわね。。。(^ ^;)

8/7(火)

最近特に思うのは、うちのお店に入っている業者、あと近くの飲食店の店員、つまりは相手から見て私は 『お客さん』 の立場なのですが、その関係ですら 『挨拶』 が出来ない。。。ということに憤りを感じています。さすがに私が厳しく言うので、お店に入ってくる時は 『○○です。』 とは言うのですが、店の外ですれ違ったりした時、『。。。。。』 見ていない振りをして無視をします。???どうして 「おはようございますっ!」 と元気よく言えないのか。。。?そこのお店の店長はそんなことも教育出来ていないのでしょうか?そしておそらく、どこのお店のママもそう思っているのでしょうが、今はイチイチその事を指摘はしないのでしょう。だから誰れも注意をしない、それがフツー。。。おかしなご時世です。挨拶は人としての基本です。そのお店や、企業が教育するまでもなく、元来、親が教えていないとダメなことです。まあ、教えていないのでしょう。挨拶が出来ない人間は、やはり仕事もやっつけ、何事に関してもお座なりでいい加減な生き方になっていきます。笑顔で挨拶をすれば、笑顔で返ってくるものです。皆さん、毎日、笑顔で挨拶出来ていますか。。。?

8/5(日)

ディアモールに居るご年配のホームレスの人に、毎週、出来れば週2回ぐらいのペースで差し入れをすることにしました。。。というのは、阪急のバスターミナル付近に10人近くの人達が寝泊りしているのは分かったのですが、どうも午前4時半ごろには、既に移動しているようなのです。阪急電車の人に朝起こされて移動させられてるようで、この前は5時に行ったのですがどこかに行った後で。。。(**;) 『なかなか早くに行けそうにないので、とりあえずはそのご年配の人に持って行こう。』 だいたいカロリーメイト、そしておしぼりウエッティ、次ぎの日は出来たてご飯を持っていくようにしています。その人の名前は 『高橋さん』 佐賀県出身で、若い頃は鉄工所に住み込みで働いていたのですが、粉塵で肺かどこかを悪くして、それからは日雇い労働で各地を転々としていたそうです。昭和15年生まれの78歳。何度かいろいろ持って行っているうちに、いろいろと話をしてくれました。体調を崩さないように。。。気になります。(^ ^;)